審査官のリスクヘッジ

特許の審査段階で、審査官から
<補正の示唆>の提示を受ける場合があります。

<補正の示唆>とは、
「○○をXXに変更(補正)すれば
特許が成立する可能性がある」といった趣旨の提示で、
言わば、「審査官からの提案」です。

で、この「審査官からの提案」には、
付きものの常套句があります。

続きを読む 審査官のリスクヘッジ

Pocket

ひさしぶりの

お客様からご相談があり、
いわゆる「知財コンサル」的な
業務をすることになりました。

東証の上場会社なのですが、
知的財産部のような組織はなく、

続きを読む ひさしぶりの

Pocket

一段落

昨年末から、弁理士業務の傍ら、
補助金申請のための書類を作成していました。

残念ながら、今年の週末は、ほとんど、
その書類作成の作業に奪われてしまいましたが、

続きを読む 一段落

Pocket

予想外の結果

ネットニュースで見たのですが、
例の元弁理士が「PPAP」の
商標登録出願をしたようですね。

試しにPlatPatで簡易検索してみたところ、
確かに昨年末に出願されていました。

例によって、
続きを読む 予想外の結果

Pocket

新たな発見

昼休みは、気分転換に
事務所周辺を散歩することにしているのですが、
噂通り、歯医者さんは多いですね。

「コンビニよりも多い」らしいですが、
歩いていると、あちらこちらにあります。

「経営は成り立つのかな?」
と余計な心配をしながら散策しているのですが、

続きを読む 新たな発見

Pocket