弁理士独立開業マニュアル(1)「独立開業に必要な資質」

初回のテーマは「独立開業に必要な資質」です。

いろいろな資質が必要かと思いますが、中小企業庁が作成した資料によれば、
次の6つの資質が挙げられています。

(1)情熱と信念
(2)優れた独創性(事業に独創性があること)
(3)事業の経験
(4)幅広い人脈(創業時に多くの人脈があり、創業後はさらにそれを拡大できること)
(5)情報処理能力(事業に関する生きた情報を集め、それを活用できること)
(6)自己資金(資金を蓄え、無駄な支出を控えること)

弁理士に特化して考えれば、弁理士は業務独占資格ですので、
資格を取得した時点で、最低限の独創性(2)は確保できます。

ただし、弁理士資格取得者が増加傾向にありますので、
他の弁理士に無い優位性をどの程度打ち出せるかがポイントになりそうです。

でも、誰でも参入できるような業種ではないわけで、
独創性のポテンシャルは元々高いとは思います。

経験(3)は、勤務弁理士(イソ弁)として何年か修行を積めば、
自然と満たしますね。結果、資金(6)も溜まるでしょう。

私は、最大の難関は、幅広い人脈(4)と情報処理能力(5)
ではないかと考えています。

(続く)

Pocket

間もなく開業9年目

9月で無事に開業9年目を迎えます。
少し振り返ってみると、

<1年目~3年目>
事務所の経営を軌道に乗せるために、
とにかく、がむしゃらに働きました。

勤務弁理士時代には経験したことが無かった
大型の知財コンサルをたくさん経験し、仕事の幅が広がりました。

事務所の経営が最優先だったので、
自分の事を考える余裕はまったくありませんでした。

<4年目~6年目>
相変わらず忙しかったですが、
所員が10名を超えて役割分担ができるようになり、
少し自分の事を考える余裕が生まれました。

結果、共同経営の難しさを痛感することになりました。

でも、仕事は順調でしたので、
仕事に没頭することで、方向性の違いは棚上げすることにしました。

<7年目~8年目>
方向性の違いは埋まらないことが分かったので、
新たなルール作りを提案しました。

結果、仕事に対するモチベーションはUPし、
弁理士になってから最高の成果が出せました。

激務でしたが、私にとっては最高の2年間でした。

<9年目>
いろいろ考えていることはありますが、
さて、どうなるでしょうか?

Pocket

弁理士の個人年間粗利

最近、所員の評価方法を見直しているのですが、
以前に受講した「特許事務所 経営塾」の資料を読み返しています。

手持ちの資料では、弁理士(特許技術者)のランクを、

ランク6 個人年間粗利4000万円以上
ランク5 個人年間粗利3000万円以上
ランク4 個人年間粗利2400万円以上
ランク3 個人年間粗利1800万円以上
ランク2 個人年間粗利1200万円以上
ランク1 指導を受ける過程

の6つに分類しています。

以前にブログに書いたことがあるのですが、
「個人年間粗利2000万円以上が一人前の弁理士」
とおっしゃる先輩弁理士が多かったので、
上記ランク分けは妥当な線かなと思います。

ランク5、6あたりまで行くと、
代替不可能なレベルの経験や専門知識をもっていると思いますので、
きっと独立されて、活躍される方も多いですね。

Pocket

特許事務所の危機管理

先日見たパテント誌に、
特許事務所の危機管理に関する記事がありました。

細かい内容までは覚えていませんが、
企業などのお客様から見ると、特許事務所の危機管理能力は
総じて低く映るようです。

そういえば、以前に勤務した事務所では、ウィルス対策がされておらず、
通信障害でメールやFAXの送受信が正常にできなくなる事態になりました。

そのときは、私が2~3日かけてウィルスを特定して、
手動でウィルスの駆除作業を行った記憶があります。

小規模な事務所は費用面で限界がありますが、
お客様の大切な情報を守るという意識は必要だと思います。

弊所では、ウィルス対策などはもちろんのこと、
データのバックアップは、遠隔地でのバックアップも含めて3重にとっています。

それと、廃棄書類はすべて有償で溶解処理をしていますし、
職場の部屋にはICカードがないと入れません。

特許事務所でも、このくらいの危機管理はすべきかなと思います。

Pocket

弁理士に対する苦情

日本弁理士会の資料によれば、弁理士に対する苦情の半数以上が
「手続の不備に関する苦情」と「報酬額に関する苦情」だそうです。

例えば、補正によって権利範囲が狭くなり、
本来望んでいた内容と違ってしまったというケースや、

弁理士側は「出願時の費用」と伝えたつもりが、
依頼者側は「登録まで全て込みの費用」と受け取ったケース、などです。

最大の発生原因は、依頼者とのコミュニケーション不足で、
弁理士と依頼者との間で誤解が生じることが多いようです。

弁理士にとっては当然のことでも、お客様には不明なことも多いので、
お客様目線にたった丁寧な対応が必要だと思います。

弊所では、初めてのお客様に対しては、
手続きの流れ、費用、各種制度、などを独自の書類で細かく説明し、
全て納得頂いた上で御依頼をお引き受けするように注意しています。

また、良い点だけをアピールすることなく、
拒絶の可能性など、お客様の不利益の可能性についても
十分にご説明するように配慮しています。

Pocket