「関連会社の話題」カテゴリーアーカイブ

今年一番うれしかったこと2017

昨年の記事「今年一番うれしかったこと2016」に続き、
今年も、自分の思い出として書き留めておきます。

今年(2017年)一番うれしかったこと。それは、

「とあるホームページを立ち上げたこと」

です。

ブログの引越しのタイミングで
過去8年ほどのブログの記事を見返してみましたが、

自分で思っていた以上に、
有益な情報が少ないことに気付きました( ̄▽ ̄;)

興味本位でブログを見に来ている方々にとっては、
専門的ではない記事の方が良いのかもしれませんが、

個人的には、前々から、
「どうせ同じ時間を費やすなら、有益な情報を発信したい」
と思っていました。

そんなわけで、
今年の4月頃から準備をし始めて、
8月頃に”しれっと”公開してみました。

積極的に宣伝広告等すれば
PV数は簡単に伸びるとは思いますが、

それでは面白くないですし、HPの成果とは言い難いので、
今は、PV数が徐々に伸びているのを
楽しんでいる段階です。

弁理士業務の隙間時間を使って
記事を作成しているので、
思うように記事が増えていきませんが、

「何かの役に立てば良いな」
という一心で記事を書いています。

こんな状況ですので、
このブログに割ける時間は少なくなる一方です…

Pocket

屋号(事務所名称)

※本記事は、2012年6月23日にアメブロで
公開した記事を編集したものです。

独立開業する場合、事務所の屋号(商号)を
いろいろ悩んで決めることも一つの楽しみではないでしょうか?

特許事務所の場合、自分の名前を屋号に入れて、
「〇〇(名前)+特許事務所」とするケースが多いですが、

最近は名前を入れない事務所も多くなりました。

弊所の屋号は「彩都総合特許事務所」ですが、
「彩都」は、「彩の国(埼玉県)」の「彩」と
「都(みやこ)」を 組み合わせた造語です。

事務所名は経営者二人で別々に考えたのですが、
一致した屋号が「彩都」でした。

そういえば、造語の「ナディア」という提案もありましたが、
語源が良く分からないので、軽く一蹴しておきましたw

あのとき、私が受け入れていれば、
「ナディア国際特許事務所」
になっていたかもしれません。

それと、彩都国際特許事務所
さいとこくさいとっきょじむしょ)にすると、
「さいと」の発音が2回でてきて言いにくいので、

「国際」ではなく「総合」になった経緯があります。

弊所はそんな感じですが、
屋号にはいくつかのポイントがあるそうです。

・信頼感を持ってもらえる
・業務内容が伝わりやすい
・他と区別できること
・覚えてもらいやすい

この4つの条件を満たしていることが目安のようですが、
弊所の屋号はどうでしょうか?


という記事を書いてから、約5年。

屋号(特許事務所名)は変わっていませんが、

昨年設立した株式会社の名称は、
(株式会社)サイトIPにしました。

サイトは、「彩都」から取ったもので、
IPは、Intellectual Property( 知的財産)を意味します。

事務所名や会社名には、ほぼ興味が無いので、
安易な考えで、数分で名付けました。

上記の4つの条件は忘れてました・・・

Pocket

決算

3月決算の会社も多いので、駆け込み出願等々で
繁忙期真っ只中の特許事務所も多いかと思います。

残念ながら、私は例年に比べて、
穏やかな日々を送っていますが( ̄▽ ̄;)、

続きを読む 決算

Pocket

助成金の支給決定通知

顧問の社労士さんのご提案で、昨年の6月頃、
とある助成金の申請をしていたのですが、

昨日、助成金の支給決定通知が届き、
助成金を支給して頂くことになりました。

社労士さんからは、

続きを読む 助成金の支給決定通知

Pocket