「特許業界」カテゴリーアーカイブ

資格取得が先?

※本記事は、2011年5月25日にアメブロで
公開した記事を編集したものです。

弁理士資格の取得が先か?実務経験が先か?

いろいろ考え方はありますが、
私は「実務経験が先」の方が良いのではないかと思います。

自分の時間を犠牲にして難関資格を取得しても、
結局、実務をやってみたら、向いていなかった、

もしくは、できなかった、という話を良く聞きますし、
私の身近にもそういう方がいました。

これではせっかくの資格がもったいないですね。

それと、一昔前は弁理士資格があれば
それだけで就職できた時代もありましたが、

今では資格取得者の数が増えてきたこともあり、
未経験者の就職はかなり難しくなっている
という状況もあります。

弁理士資格が就職や転職に有利になる時代は
終わろうとしています。

公認会計士は多くの合格者が
就職できずに困っているらしいですが、

弁理士も近い将来そうなるかもしれません。

弊所のような小さな特許事務所では、やはり、
資格を持っている未経験者よりも、
資格を持っていない経験者を優遇します。

指導をしている余力がないですし。。。

それと、実務経験が無い場合、
先輩から実務指導を受ける場合がほとんどだと思いますが、

資格を取得していると、
指導する側からはそれなりの目で見られますし、
少しハードルが高くなってしまう気がします。

私は、まったくの未経験で特許業界に入り、
実務経験を2~3年ほど積んでから
資格を取得しましたが、

今振り返って考えてみると、
キャリアの積み方としては、
一番恵まれていたのかな~と思います。

未経験で雇って頂いた特許事務所と、
ご指導頂いた弁理士先生に感謝するばかりです。


という記事を書いてから、約6年。

今も考えに変化はありませんが、

想像以上に、弁理士試験の若手(20代、30代)の
合格者数が減少しているため、

将来の弁理士不足が心配です。

Pocket

10年前から4割減

半数が廃止や募集停止に追い込まれている法科大学院。

背景には、
「弁護士や裁判官などの法曹の需要が増えるはず」
という政府の読み違いがあります。

続きを読む 10年前から4割減

Pocket

特許事務所の職場環境

※本記事は、2011年10月22日にアメブロで
公開した記事を編集したものです。

特許業界以外から特許事務所に入所された方が
真っ先に口を揃えて言うのは、「静かですね~」という感想です。

私は、特許業界に転職する前は
大手電機メーカーでエンジニアをしていたのですが、

カーステレオの制御プログラムのデバッグとかで、
かなり騒がしい環境で仕事をしていました。

一日中、音楽がガンガンかかっていましたね。

それと、いろいろな場所で開発の打合せの話声。

ですので、初めて特許事務所に入所したときは、
「びっくりするくらい静かだな~」と思った記憶があります。

弁理士業務は一人で行う作業が中心で、
チームプレイよりも個人プレーが中心。

所員同士の打合せなどが
ほとんど不要なことが多いのが原因かと思います。

一日中、誰とも会話をしないことがあるくらいです。
#私は勤務時間中は仕事に集中したいタイプなので余計です

他の特許事務所とか、
法律事務所、会計事務所などの職場環境も同じなのでしょうか?

とても興味あります。

ちなみに、当所の川越オフィスは
USENの契約をしており、

1日中、ジャス、クラシック、ロック、J-POP等々の
BGMが流れております。

たまに、お客様との電話が聞きづらいことがありますが、
ご容赦くださいm(__)m

Pocket

弁理士キャリアパス

※本記事は、2009年7月7日にアメブロで
公開した記事を転記したものです。

弁理士の典型的なキャリアパスは
「特許事務所系」と「企業知財部系」
の2種類に大別できると思います。

■「特許事務所系」の典型例

理系の大学を卒業(技術を勉強)

企業で研究開発などに従事(技術を経験)

特許事務所に転職
(20代後半~30代前半)
(年収:300万円~600万円ぐらい)

弁理士試験に合格して勤務弁理士に
(30代半ば~40代半ば)
(年収:300万円~1500万円ぐらい(←能力による))
↓               ↓
↓         (勤務弁理士として活躍)

独立開業、共同経営
(30代半ば~40代後半)
(年収:1000万円~5000万円ぐらい(←事務所規模等による))

※弁理士資格手当がある事務所もあるが、
資格の有無と年収は無関係であることが多い

■「企業知財部系」の典型例

理系の大学を卒業(技術を勉強)

企業で研究開発などに従事(技術を経験)

知財部に配属(または転職)
(20代前半~20代後半)
(年収:300万円~500万円ぐらい)

主任クラス
(20代後半~30代半ば)
(年収:400万円~700万円ぐらい)

係長・課長クラス
(30代半ば~40代後半)
(年収:600万円~1200万円ぐらい)

部長・役員クラス
(40代後半~50代)
(年収:1200万円~1800万円ぐらい)

※「企業知財部系」の場合、弁理士資格の有無は
キャリアに無関係であることがほとんど

どちらのキャリアパスを選ぶにしても、
弁理士資格の有無がキャリア形成に
及ぼす影響はそれほどでもありません。

弁理士資格を持っていなくても
特許業界で活躍されている方は
たくさんいらっしゃいますので。

重要なのは、弁理士資格の勉強あるいは
それ以外の方法で習得した知識をフルに生かして
高い専門性を発揮することです。

これができれば、資格の有無にかかわらず、
どこにいっても通用しますし、引く手あまたです。

ちなみに、私は「特許事務所系」で
独立開業までたどり着きました。

Pocket

感情のコントロール

「この○ゲ~~~~」で
地元・埼玉県の政治家がお騒がせしていますが、

どこの世界にもいますよね、
感情のコントロールができない人。

私の仕事関係でも、

続きを読む 感情のコントロール

Pocket