「当事務所の話題」カテゴリーアーカイブ

独立開業のタイミング

※本記事は、2012年6月14日にアメブロで
公開した記事を編集したものです。

独立開業された弁理士先生にお聞きすると
独立開業の理由は様々です。

一念発起して独立した先生、
共同経営に限界を感じた先生、
家庭の事情で独立した先生、
勤務先の事務所の事情で独立した先生、
・・・・などなど。

私の場合、 直接の理由は、
「共同経営を持ちかけられたこと」
です。

勤務弁理士のときに
自分で新規開拓したお客様がいたので、
タイミングをみて独立しようとは思っていましたが、

まさに「渡りに船」だったので、
その船に乗る形で独立しました。

自分の中では「一人事務所」という
選択肢もあったのですが、

その当時は共同経営の魅力が勝っていました。

あと、勤務弁理士の場合には、
勤務先の事務所や会社に迷惑をかけないように
辞めないといけないので、

そのタイミングがなかなか難しいですね。

私の場合、独立開業すると決めてから
実際に独立開業するまで、 1年以上かかりました。

この業界は狭いですからね。

やはり、「立つ鳥跡を濁さず」が基本だと思います。


という記事を書いてから、約5年。

その後、当所からは、
3名の弁理士が独立開業しました(^^

個人的には、
弁理士資格は「独立開業してこそ生かせる資格」
だと思っています。

Pocket

連絡が取れない

とあるお客様の商標登録の更新期限が近いのですが、
連絡が取れない状況が続いています(^^;

でも、こういう状況は、
そう珍しいものではありません。

続きを読む 連絡が取れない

Pocket

事務所のキャッチフレーズ

最近、地元の埼玉県川越市が
「日本で一番暑い場所」
ということで話題になっています。

「暑い場所」としては、
埼玉県熊谷市が有名なのですが、

続きを読む 事務所のキャッチフレーズ

Pocket

特許事務所の職場環境

※本記事は、2011年10月22日にアメブロで
公開した記事を編集したものです。

特許業界以外から特許事務所に入所された方が
真っ先に口を揃えて言うのは、「静かですね~」という感想です。

私は、特許業界に転職する前は
大手電機メーカーでエンジニアをしていたのですが、

カーステレオの制御プログラムのデバッグとかで、
かなり騒がしい環境で仕事をしていました。

一日中、音楽がガンガンかかっていましたね。

それと、いろいろな場所で開発の打合せの話声。

ですので、初めて特許事務所に入所したときは、
「びっくりするくらい静かだな~」と思った記憶があります。

弁理士業務は一人で行う作業が中心で、
チームプレイよりも個人プレーが中心。

所員同士の打合せなどが
ほとんど不要なことが多いのが原因かと思います。

一日中、誰とも会話をしないことがあるくらいです。
#私は勤務時間中は仕事に集中したいタイプなので余計です

他の特許事務所とか、
法律事務所、会計事務所などの職場環境も同じなのでしょうか?

とても興味あります。

ちなみに、当所の川越オフィスは
USENの契約をしており、

1日中、ジャス、クラシック、ロック、J-POP等々の
BGMが流れております。

たまに、お客様との電話が聞きづらいことがありますが、
ご容赦くださいm(__)m

Pocket