「当事務所の話題」カテゴリーアーカイブ

上半期を振り返って

当所は、今月から下半期に入りました。

上半期については、
当所は大きな変化はありませんでしたが、
お客様側に大きな変化がありました。 続きを読む 上半期を振り返って

Pocket

屋号(事務所名称)

※本記事は、2012年6月23日にアメブロで
公開した記事を編集したものです。

独立開業する場合、事務所の屋号(商号)を
いろいろ悩んで決めることも一つの楽しみではないでしょうか?

特許事務所の場合、自分の名前を屋号に入れて、
「〇〇(名前)+特許事務所」とするケースが多いですが、

最近は名前を入れない事務所も多くなりました。

弊所の屋号は「彩都総合特許事務所」ですが、
「彩都」は、「彩の国(埼玉県)」の「彩」と
「都(みやこ)」を 組み合わせた造語です。

事務所名は経営者二人で別々に考えたのですが、
一致した屋号が「彩都」でした。

そういえば、造語の「ナディア」という提案もありましたが、
語源が良く分からないので、軽く一蹴しておきましたw

あのとき、私が受け入れていれば、
「ナディア国際特許事務所」
になっていたかもしれません。

それと、彩都国際特許事務所
さいとこくさいとっきょじむしょ)にすると、
「さいと」の発音が2回でてきて言いにくいので、

「国際」ではなく「総合」になった経緯があります。

弊所はそんな感じですが、
屋号にはいくつかのポイントがあるそうです。

・信頼感を持ってもらえる
・業務内容が伝わりやすい
・他と区別できること
・覚えてもらいやすい

この4つの条件を満たしていることが目安のようですが、
弊所の屋号はどうでしょうか?


という記事を書いてから、約5年。

屋号(特許事務所名)は変わっていませんが、

昨年設立した株式会社の名称は、
(株式会社)サイトIPにしました。

サイトは、「彩都」から取ったもので、
IPは、Intellectual Property( 知的財産)を意味します。

事務所名や会社名には、ほぼ興味が無いので、
安易な考えで、数分で名付けました。

上記の4つの条件は忘れてました・・・

Pocket

独立開業のタイミング

※本記事は、2012年6月14日にアメブロで
公開した記事を編集したものです。

独立開業された弁理士先生にお聞きすると
独立開業の理由は様々です。

一念発起して独立した先生、
共同経営に限界を感じた先生、
家庭の事情で独立した先生、
勤務先の事務所の事情で独立した先生、
・・・・などなど。

私の場合、 直接の理由は、
「共同経営を持ちかけられたこと」
です。

勤務弁理士のときに
自分で新規開拓したお客様がいたので、
タイミングをみて独立しようとは思っていましたが、

まさに「渡りに船」だったので、
その船に乗る形で独立しました。

自分の中では「一人事務所」という
選択肢もあったのですが、

その当時は共同経営の魅力が勝っていました。

あと、勤務弁理士の場合には、
勤務先の事務所や会社に迷惑をかけないように
辞めないといけないので、

そのタイミングがなかなか難しいですね。

私の場合、独立開業すると決めてから
実際に独立開業するまで、 1年以上かかりました。

この業界は狭いですからね。

やはり、「立つ鳥跡を濁さず」が基本だと思います。


という記事を書いてから、約5年。

その後、当所からは、
3名の弁理士が独立開業しました(^^

個人的には、
弁理士資格は「独立開業してこそ生かせる資格」
だと思っています。

Pocket