シンプルイズベスト?

特許出願の原稿(特許明細書)は、
発明の内容等々によって文字数が大きく異なります。

これから着手する案件は、

発明の内容がいたってシンプルで、
上位概念化できそうなネタも無いため、
短文になりそうです。

こういった案件は、
作業時間が短くなるのですが、

あまりに短文だと、かえって不安になります。

「何か重要なポイントが抜けていないかな?」
「審査時にうまく変更(補正)できるかな?」等々。

余計な追記をするくらいなら、
シンプルイズベストなのかもしれませんが、

蛇足にならない程度に
追記しておきたい衝動に駆られます。

実際、おまけ程度に追記した文章や語句が
審査段階で威力を発揮することもありますしね。

追記の止め時(諦め時)が難しいです。

※あなたにおススメする関連記事

一万個

ページ単価

広~い権利

Pocket