悩ましいご依頼

私は、それほど多く経験していませんが、

自作の特許明細書をベースに、
特許明細書を仕上げて欲しいといった御依頼があります。

ベースの明細書の完成度が高ければ
こちらも助かるのですが、

どちらというと、
そうでない場合が多いのが実情です。

そういう場合、
0から原稿を作成したほうが早いのですが、

心情としては、
折角作成して下さった原稿を無碍にはできません。

ということで、ベースの原稿から、
使える表現を抽出することになるのですが、
文章は十人十色。

自分の文章とマッチしないことが多く、
0から原稿を作成するよりも苦戦します。

今、まさに、そんな作業をしているのですが、
今回は、割とベースの原稿に近い形に仕上がりそうで、
内心、ホッとしています。

※あなたにおススメする関連記事

納品の前倒し

予想外の現物支給

余計な仕事?

Pocket