米国の弁理士から

この週末は、
帝〇ホテルに宿泊して、
帝〇劇場でミュージカルを鑑賞したり、
東京ミッドタウン日〇谷を見物したり等々
で、ゆっくり静養させて頂きました。

そんな静養中に、突然、


米国の見知らぬ弁理士からメールが届きました。

日本の弁理士を探しており、
特許出願等の費用が知りたいとのこと。

積極的には公開していないメールアドレス宛に
届いたことに加えて、

一方的な回答期限が指定されているため、
「不躾なメールだな~」と少し困惑しています。

費用の見積も面倒なので
スルーするつもりですが、

もし、お付き合いのある海外の弁理士が
紹介してくれたのであれば、

無下な対応はできないな~
と思っているところです。

でも、文面から推測すると、
複数の日本弁理士に
無作為に送っているような感じがするので、

やっぱりスルーかな。

※あなたにおススメする関連記事

答えに困る問い合わせ

AIで特許審査

弁理士独立開業マニュアル(7)「運転資金」

 

 

 

Pocket