個人事業主の生存率

※本記事は、2014年9月24日にアメブロで
公開した記事を編集したものです。

中小企業庁の集計によると、
約4割の個人事業主が、開業1年で廃業し、

以降、開業3年で6割、開業6年で8割、
開業10年で9割が廃業するそうです。

詳しくデータを見てみると、開業1~5年目の生存率が
62.3% → 47.3% → 37.6%
→ 30.5% → 25.6%
と変化しているので、

「独立開業後の5年間を何とか乗り切ること」
が一つのポイントになりそうです。

なお、
法人の生存率も同じような傾向がありますが、

個人事業主は、
「法人よりも生存率が低く、
かつ、安定に要する期間も長い」
という傾向があるそうです。

弁理士に特化したデータは無いのですが、
弁理士の場合、専権業務があるので、

自由競争に晒されている個人事業主(飲食業など)に比べて、
もう少し、生存率は高いかなと思っています。

私は、幸運なことに、
今月、開業9年目を迎えることができたのですが、

データを見ると、開業9年目の生存率は13.4%です。

何とか13.4%の生き残り組に入ることができました(^^

10年目の生存率は11.6%とのことですので、
来年も11.6%の生き残り組に入れるように頑張ります。


という記事を書いてから、約3年。

あと1カ月弱で、独立開業12年目に突入します。

今も、何とか生き残り組に入っています(^^

Pocket