プログラミングと特許明細書

2020年から、小学校で、
プログラミング教育が必修化される予定です。

すでに子供の10人に1人は
プログラミング教室に通っているとのこと。

私も中学生のときから
独学でプログラミングをしていましたが、

プログラミングは、
「物事を筋道立てて考える能力」や「創造力」
を養うことができると感じています。

特許業界に入ってから、
初めて特許明細書という文書を書いたとき、

文書の作成過程が、プログラミングに似ている感覚があり、
全く違和感なく、すんなりと入っていけました。

おそらく、
「筋道立てて論理的に文章を作成していく」
という過程が、

プログラミングに求められるスキル
に似ていたからだと思っています。

15年以上経った今でも、
特許明細書の作成を楽しく感じるのは、

きっと、
大好きなプログラミングの感覚が味わえて、
創造力が求められる、からです。

ですので、
創造力をほとんど必要としない発明の
特許明細書を書いているときは、

テンションがちょっと低めです。

Pocket