老害?

先日、ものづくり補助金成果評価調査事業
(通称、フォローアップ事業)の業務説明会がありました。

私を含めた技術士約40名に対して、
公的機関の関係者から説明があったのですが、

途中、かなり険悪な空気になりました(^^;

その原因は、事前に聞いていた処遇と、
実際の処遇に大きな違いがあったためです。

端的に言うと、
1日数時間の拘束で
謝金○万円という処遇だった話が、

国のお達しで?、日当扱いになり、
ほぼ1日中拘束される処遇に変更されました。

私も、最初は「話が全然違うよ~」とは思いましたが、
契約上は、きちんと抜け道が作ってあり、
事前に聞いていた処遇に近くなる内容でした。

1時間ほどで説明が終わり、
帰り支度を始めようとした矢先、
そこから質疑応答が1時間以上・・・

今回、調査員に任命された技術士は、
自己裁量で勤務時間の融通がきく人、

すなわち、私のような経営者か、
リタイヤされた方等々に限定されます。

パッと見た感じでは、私ともう1~2名を除き、
60歳オーバーの方々だと思われます。

私の周りには、
尊敬できる人生の大先輩がたくさんいますが、

今回のメンバーは、
老害と言われても仕方ない言動が多かったです。

「話が違う」と言って大声で怒り出す人、
的外れな質問を繰り返す人、
本題とは無関係の持論を切々と主張する人、・・・

同じ技術士仲間として恥ずかしかったです。

Pocket