余計な仕事?

先日、知り合いから
特許出願の依頼を受けました。

ご本人が簡易な特許調査を行った、
とのことでしたので、

私としては、
ヒアリングした内容に基づいて
特許明細書を作成すれば良いだけでした。

ビジネスとして割り切れば、
特許出願して費用を頂戴したほうが良いわけですが、

少し引っかかるものがあって、
自発的に無償で特許調査を行いました。

結果、
かなり近い特許出願を見つけてしまいました。

無駄な出費を避けることができて良かった、
という思いと、

発明を熱心に語っていたので、
特許出願という形にしてあげられなくて残念、
という思いが交錯しています。

頼まれてもいない特許調査でしたので、
余計な仕事だったのかな?

差異を出せれば
特許出願の可能性も残ってはいるのですが、
何か複雑な心境です。

Pocket