いろいろな二重化

ここ数日、事務所のネットワーク関係の
トラブルが多発しています。

インターネットの接続が不安定になったり、
USENが聞けなかったり、

個人的には、後者の方が痛手ですw

そんなこともあり、遅ればせながら、
ネットワークの二重化(冗長化)をしようと動き始めました。

もちろん、主回線=光が利用できない場合には、
WiFiを利用できる環境は作ってあります。

でも、セキュリティや安定性等々を考えると、
光回線をもう一つ増やして、

主回線=光、副回線=光、非常時=WiFiの組合せが
ベストかなと考えています。

固定費(通信費)の増加は問題無いですが、
主回線と副回線の自動切り替えをしたいので、
ルータの設定が大変そうです。

能力も時間も足りないので、
いつもお世話になっている大○商会さんに
外注することになるかな・・・

そう言えば、特許事務所で二重化が必要なのは
ネットワークだけでは無いですね。

期限管理に万全を期すならば、
期限管理を複数の方法で実施する必要がありますし、

特許事務所で起きる事故

書類等々のバックアップも、
複数個所で行う必要がありますし。

特許事務所の危機管理

お金も手間もかかりますね。

Pocket