弁理士独立開業マニュアル(15)「賠償責任保険」

弁理士独立開業マニュアル(14)「アウトソーシング」
の続きです。

弁護士、税理士、弁理士、医師など、の
専門的なサービスを提供をしている者は、

業務遂行上の過失や義務の不履行等によって
第三者から損害賠償を求められることがあります。

過去には、
約1億円の損害賠償を請求された弁理士もいます。

この種の損害賠償を対象とする保険として、
「専門職賠償責任保険(PI保険)」
がありますが、

弁理士の場合、
NB保険サービスの「弁理士職業賠償責任保険」
に加入するのが定番となっています。

NB保険サービスは、
日本弁理士協同組合の100%出資会社で、
複数の弁理士が役員を務めています。

まさに「弁理士による弁理士のための保険」なので、
一般的なPI保険よりも信頼度は高いと思います。

ただ、その分、保険料も安くはないですね(-_-;)

保険料は、
弁理士や従業員の人数、保証内容、オプション等
に基づいて決まります。

未だに謎なのですが、保険料は、
従業員の人数増加よりも、弁理士の人数増加の方が、
高くなる仕組みになっています。

弁理士の人数が多い方が、
ミスが少ないと思うのですが…

ちなみに、2012年度のデータでは、
約1,500の特許事務所が加入していますので、
加入率は、20%~25%くらいでしょうか。

リスクヘッジの一つとして、
検討すべき事項だとは思います。

Pocket