弁理士独立開業マニュアル(14)「アウトソーシング」

弁理士独立開業マニュアル(13)「顧客開拓2」
の続きです。

経産省の資料※によれば、「アウトソーシング」は、
「自社の資源の外部化」または「外部資源の活用」
と定義されています。
※アウトソーシング産業事業規模基本調査

特許事務所も、
専門サービス(知的財産の専門知識を有するサービス)
を提供する業種として、

「アウトソーシングサービスを提供する業種」
の一つに含まれています。

でも、本記事は、
弁理士独立開業のための情報提供を目的としているため、

ここでは、
「特許事務所からのアウトソーシング」について書いてみます。

特許や商標の調査や鑑定、翻訳、
特許や意匠の図面作成、
期限管理システム、事務スタッフの派遣、
ホームページの作成、宣伝広告、
法律関係(弁護士)、
確定申告等の税務(税理士)、
給与計算などの労務(社労士)、…

思い浮かんだサービスだけでも、これだけあります。

何をアウトソースするかは、
事務所の業務内容、業務量、従業員数、経営者の考え方
等々によって、違ってくるものと思います。

ただ、
「業務の一部を専門業者にアウトソースすることで、
本業に経営資源を集中する」
という意識を持っておくことは大切かと思います。

ちなみに、私の場合は、
上記のアウトソーシングサービスのほぼ全てを
利用させて頂いています。

それでも、経営者として、
アウトソーシングできない業務はたくさん抱えていますが、

「弁理士にしかできない業務」になるべく専念できる環境を、
早めに作り上げていくのが好ましいと思います。

Pocket

弁理士独立開業マニュアル(13)「顧客開拓2」

顧客開拓については、
弁理士独立開業マニュアル(5)「顧客開拓」
でオーソドックスな方法を書いてみました。

ただ、この種の情報やノウハウは、
いろいろなところで入手可能ですし、

それをビジネス(商材)にしている方も
いらっしゃいますよね。

あいにく、私は、それらに勝るようなノウハウは
持ち合わせておりませんが、

顧客開拓において心得ておいた方が良いと思う
経験則みたいなものだけはあります。

それは、
「先人の知恵を借りつつも、
 先人とは、少しだけベクトルをずらしてみる」
ということです。

具体的なことは書きずらいので、
ぼんやりしていますが(-_-;)

結局は、先人と同じことをしていてはダメなので、
先人を見習いつつ、それをベースに、
自分なりのアレンジを加えてみる、といった具合です。

そういう意識を常に持っていれば、
結果的に先人との差別化が図れるようになり、
新規顧客の獲得に繋がっていくものと感じております。

先人のモノマネをしているだけでは
顧客開拓は難しいということです。

Pocket