弁理士独立開業マニュアル(7)「運転資金」

弁理士独立開業マニュアル(6)「初期費用」
の続きです。

特許事務所は、売掛サイトが長い業種と言われています。

例えば、1月に特許出願を受任し、
2月初旬に特許出願を終え、直ぐに請求書を発行したとしても、

お客様の支払サイトが「月末締め翌月末払い」だった場合、
入金があるのは3月末。

この例では、仕事の着手から入金までの期間が約3ヶ月ですが、
お客様の原稿確認などの遅れ等が原因で、
それ以上の期間を要することも珍しくありません。

経験上、お客様のご都合で、1年以上を要した案件もありました。

入金がなく、帳簿上の売上(売掛金)だけが膨らんでいくわけですが、
その間にも固定費(オフィス賃料、人件費など)の支出は定期的にありますから、
現金(運転資金)がどんどん減っていきます。

それと、特許事務所の費用として、
意外と盲点なのが、特許印紙代の立替です。

例えば、先の例で、2月に、他のお客様から、特許出願の審査請求の
手続依頼が5件あったとします。

軽減申請無しなら、特許印紙代は、ざっくり1件15万円ですので、
5件で75万円。固定費に加えて、75万円分の立替をしなければいけません。

しかも、特許印紙代は、出願や審査請求など、
「お客様から手続きの御指示があったとき」が立替のタイミングです。

審査請求のタイミングなんて、お客様によって様々ですから、
取り扱い件数にもよりますが、御依頼が集中したら大変なことになります。

私も、余裕資金の乏しい開業間もない頃は、
まとまった審査請求の御依頼があるたびに、ビクビクしていました(^^;

経験上、1,000万円を超えたこともありました。
数ヶ月後に戻ってくるお金だと分かっていても、心中穏やかではありません。

他にも要注意の費用(現地代理人費用など)がありますが、
要は、支払い時期の予測が難しい立替金を含め、
キャッシュフローの設計を入念に行っておくのがベターです、ということです。

特許印紙代を前払いで頂戴する事務所もあるようですが、
そこまでの信頼関係をお客様と構築するには、時間がかかると思います。

(続く)

※あなたにおススメする関連記事

弁理士独立開業マニュアルまとめ

運転資金・事業資金に困ったときは公的資金を活用しなさい (アスカビジネス―小さな会社の社長業サポートシリーズ)

価格:4,989円
(2019/5/15 17:08時点)
感想(0件)

完全図解版税務署員だけのヒミツの節税術 確定申告編 あらゆる領収書は経費で落とせる [ 大村大次郎 ]

価格:1,296円
(2019/5/15 17:09時点)
感想(2件)

Pocket