弁理士独立開業マニュアル(3)「独立開業に必要な資質」

弁理士独立開業マニュアル(2)「独立開業に必要な資質」
の続きです。

>私は、最大の難関は、幅広い人脈(4)と情報処理能力(5)
>ではないかと考えています。

中小企業庁の資料によれば、「情報処理能力」とは、
「事業に関する生きた情報を集め、それを活用できること」
と定義されています。

「事業に関する生きた情報」
いろいろな捉え方ができるので、難しいですね・・・

弁理士にとって、法改正や審査基準改定に関する情報等は
生きた情報と言えそうですが、

これらの情報収集を行うのは、独立開業とは関係なく、
弁理士として当たり前のことかと思います。

ただ、中小企業や個人に対する施策(例えば、料金の減免等)に関しては、
無関心な弁理士と、きちんと勉強している弁理士に、はっきり分かれますね。

今だと「料金の1/3軽減」が生きた情報の一つですね。

お客様から「軽減の対象になりますか?」と聞かれ、
瞬時に、要件を満たすかどうかの判断ができる弁理士は、そうは多くないと思います。

そういう意味では、生きた情報を、
活用できる弁理士と、活用できない弁理士が存在します。

大手企業だけをお客様にしている弁理士(特許事務所)なら、
そもそも不要な知識なのかもしれませんが。

正直な話、中小企業や個人に対する施策は、
費用対効果を考えると、割に合わない手続が多いです。

ですので、無関心、というか、
積極的にフォローをしたがらない気持ちは少し分かるのですが、

経験上、武器になることもあるので、
勉強(経験)しておいても損は無いかと思っています。

Pocket