弁理士独立開業マニュアル(2)「独立開業に必要な資質」

弁理士独立開業マニュアル(1)「独立開業に必要な資質」
の続きです。

>私は、最大の難関は、幅広い人脈(4)と情報処理能力(5)
>ではないかと考えています。

中小企業庁の資料によれば、「幅広い人脈」とは、
「創業時に多くの人脈があり、創業後はさらにそれを拡大できること」
と定義されています。

まず、「創業時に多くの人脈があり」の部分ですが、私の場合、
(1)以前に勤務していた会社の人脈
(2)家族や親戚を通じて得た人脈
(3)個人的に参加していた各種活動を通じて得た人脈、などをフル活用しました。

基本コンセプトは、「利用できる人脈は全て利用する」でした。

ただ、創業前の期待感は(1)>(2)>(3)だったのですが、
結果的には、(3)>>>>(2)>>(1)の順番で効果があり、
思いがけない出会いがあることを、身をもって経験しました。

日頃から、外部の方々と接触する機会をなるべく多く持っておくことが
重要かと思いますが、苦手な人が多いですね。

特に理系が多い弁理士は、そのような傾向が強い感じがします。

(続く)

※あなたにおススメする関連記事

弁理士独立開業マニュアルまとめ

Pocket

弁理士独立開業マニュアル(1)「独立開業に必要な資質」

初回のテーマは「独立開業に必要な資質」です。

いろいろな資質が必要かと思いますが、中小企業庁が作成した資料によれば、
次の6つの資質が挙げられています。

(1)情熱と信念
(2)優れた独創性(事業に独創性があること)
(3)事業の経験
(4)幅広い人脈(創業時に多くの人脈があり、創業後はさらにそれを拡大できること)
(5)情報処理能力(事業に関する生きた情報を集め、それを活用できること)
(6)自己資金(資金を蓄え、無駄な支出を控えること)

弁理士に特化して考えれば、弁理士は業務独占資格ですので、
資格を取得した時点で、最低限の独創性(2)は確保できます。

ただし、弁理士資格取得者が増加傾向にありますので、
他の弁理士に無い優位性をどの程度打ち出せるかがポイントになりそうです。

でも、誰でも参入できるような業種ではないわけで、
独創性のポテンシャルは元々高いとは思います。

経験(3)は、勤務弁理士(イソ弁)として何年か修行を積めば、
自然と満たしますね。結果、資金(6)も溜まるでしょう。

私は、最大の難関は、幅広い人脈(4)と情報処理能力(5)
ではないかと考えています。

(続く)

※あなたにおススメする関連記事

弁理士独立開業マニュアルまとめ

Pocket