弁理士に対する苦情

日本弁理士会の資料によれば、弁理士に対する苦情の半数以上が
「手続の不備に関する苦情」と「報酬額に関する苦情」だそうです。

例えば、補正によって権利範囲が狭くなり、
本来望んでいた内容と違ってしまったというケースや、

弁理士側は「出願時の費用」と伝えたつもりが、
依頼者側は「登録まで全て込みの費用」と受け取ったケース、などです。

最大の発生原因は、依頼者とのコミュニケーション不足で、
弁理士と依頼者との間で誤解が生じることが多いようです。

弁理士にとっては当然のことでも、お客様には不明なことも多いので、
お客様目線にたった丁寧な対応が必要だと思います。

弊所では、初めてのお客様に対しては、
手続きの流れ、費用、各種制度、などを独自の書類で細かく説明し、
全て納得頂いた上で御依頼をお引き受けするように注意しています。

また、良い点だけをアピールすることなく、
拒絶の可能性など、お客様の不利益の可能性についても
十分にご説明するように配慮しています。

Pocket