特許事務所で起きる事故

日本弁理士協同組合の資料によれば、
特許事務所で起きる事故の55%が「期限管理に関する事故」だそうです。

例えば、特許料納付期限までに特許料を納付することを忘れ、
特許権が消滅してしまったケース、

他の出願と勘違いして出願審査請求の手続きを忘れ、
特許出願が取下げになってしまったケース、などが紹介されています。

特許権が消滅してしまったケースでは、
権利者などから1億円の損害金を請求されたそうです。

事故の発生原因ですが、半分以上が「うっかりミス」とのことで、
人的ミス(ヒューマンエラー)が原因となっています。

人的ミスは必ず起きるものという前提で、
ニ重、三重のチェック体制を整える必要がありそうです。

弊所では、特許事務所向けの期限管理ソフトに加えて、
スケジューラでも期限管理を行っており、

また、期限管理ソフトやスケジューラへの入力ミスを防ぐために、
定期的に人間の目視によるチェックも全件行っています。

Pocket