一発登録

久々に特許の「一発登録」がきました。

「一発登録」とは俗称で、
拒絶理由通知が一度も来ることなく、
出願後に、いきなり特許査定になるものをこう呼びます。

「ストレート登録」とかいう人もいます。

多くの出願(たしか、9割程度の出願)は、
 出願 → 拒絶理由通知 → 意見書・補正書 ・・・ → 特許査定(拒絶査定)
という流れになるのですが、

一発登録は、
 出願 → 特許査定
という流れになります。

一見難しそうに感じますが、最初から権利範囲を狭くしておけば、
一発登録を狙うことはそう難しくはありません。

大事なのは、
従来技術に近いギリギリの線で
広い権利範囲の取得を目指すことだと思います。

ただ、この「ギリギリの線」の判断がとても難しいのですが。。。
拒絶理由通知を見てから権利範囲を調整(補正)する方が楽です。

今回は割と広い権利範囲が取れましたし、
分割もできますので、その点では満足しています。

Pocket