sightpat-kawagoe2 のすべての投稿

外国商標調査について

 なぜ、外国の商標調査が必要なのか?

 「商標」を付した商品を外国で販売したり外国に輸出したりする場合には、その「商標」が外国で合法的に使用できるかどうか、すなわち、外国で既に登録されている商標に抵触しないかどうか、を事前に調査する必要があります。

このような目的で行う調査を、「侵害予防調査」などと呼びます。

 また、外国において「商標」の盗用や模倣を防ぐためには、その「商標」が外国で既に登録されていないかどうかを事前に調査した上で、外国において商標登録出願を行う必要もあります。

このような目的で行う調査を、「出願前調査」などと呼びます。

 外国の商標の調査方法は?

外国において商標の「侵害予防調査」や「出願前調査」を行う場合には、下記の方法が考えられます。

(方法1)外国の弁理士等に直接、調査を依頼する

メリット:現地の弁理士等が現地の言語で調査を行うため、調査の信頼度が高い。
デメリット:言語や時差の問題があり、調査対象の国が多くなると依頼先が増えるため、費用が高くなり手間もかかる。

(方法2)日本の弁理士等を介して、外国の弁理士等に調査を依頼する

メリット:(方法1)に比べ、言語や時差の問題がなく、窓口が一箇所で済むため、手間がかからない。
デメリット:(方法1)に比べ、日本の弁理士費用や翻訳費用等が加算されるため、費用が高くなる。

(方法3)日本の弁理士等に調査を依頼する

メリット:(方法1),(方法2)に比べ、外国の弁理士等の費用や翻訳費用等が削減できるため、費用は安くなる。
デメリット:(方法4)に比べ、信頼度は高いが、日本の弁理士等の経験、語学力、調査スキル等によって調査の信頼度が異なる。

(方法4)自力で調査を行う

メリット:外国や日本の弁理士費用等が不要なため、最も安価に調査を行うことができる。
デメリット:前提条件として、経験や知識が必要である。また、調査担当者の経験、語学力、調査スキル等によって調査の信頼度が大きく左右される。

 結局、どの調査方法が一番良いの?

(1)費用も時間も十分にあり、外国の弁理士等とのネットワークをお持ちの場合には、迷うことなく、(方法1)を選びましょう。

(2)費用や手間を抑えつつ、信頼度の高い調査を望む場合には、(方法2)を選びましょう。

 【PR】当所は、アジア、ヨーロッパ、アフリカ、大洋州、北米・中南米の弁理士等とのネットワークがありますので、当所の弁理士は、外国の弁理士等に調査を依頼するとともに、調査結果の翻訳、チェック、取り纏め等を行うことができます。

(3)可能な限り費用や手間を抑えたいが、自力での調査ができない場合には、(方法3)を選びましょう。

 【PR】当所の弁理士は、外国の商標調査の経験が豊富で、英語や中国語を使って、自ら外国の商標調査を行うことができます。

(4)費用を一切かけたくない場合には、(方法4)で頑張ってください!
 参考までに、当所の弁理士が良く利用する無料DB(データベース)の情報を提供します。

外国商標調査に使える無料DB(データベース)

(1)Global Brand Database
 URL:http://www.wipo.int/branddb/en/

<概要>
「Global Brand Database」は、世界知的所有権機関(WIPO)が保有する世界最大級の商標データベースです。2015年1月から日本の商標登録出願の情報も反映されていますので、日本と諸外国の商標を一括検索することができます。また、検索したい図形のイメージファイルを入力することにより、類似の図形商標が検索できる画像検索も可能です。

<調査可能国> ※2017年12月現在
日本、米国、オーストラリア、カナダ、シンガポール、ニュージーランド、スイス、フィリピン、デンマーク、イスラエル、モロッコ、エジプト、カンボジア、エストニア、アラブ首長国連邦、オマーン、アルジェリア、メキシコ、パプアニューギニア、韓国、トンガ、ブルネイ、欧州連合、インドネシア、国際登録(マドプロ)、ドイツ、ヨルダン、ラオスほか

(2)TM View
 URL:https://www.tmdn.org/tmview/welcome.html

<概要>
「TM View」は、OHIM(欧州共同体商標意匠庁)が無料で提供する、商標出願、登録商標の検索及び詳細情報の照会を一括して行うことができる情報提供サービスです。2015年11月から日本の商標登録出願の情報も反映されていますので、日本と諸外国の商標を一括検索することができます。また、日本語の検索画面が用意されていますので、日本語での商標検索も可能です。

<調査可能国> ※2017年12月現在
日本、オーストリア、ブルガリア、ベネルクス、カナダ、スイス、キプロス、チェコ共和国、ドイツ、デンマーク、エストニア、スペイン、フィンランド、フランス、英国、ギリシャ、クロアチア、ハンガリー、アイルランド、アイスランド、イタリア、韓国、リトアニア、ラトビア、モロッコ、マケドニア旧ユーゴスラビア共和国、マルタ、メキシコ、ノルウェー、フィリピン、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、セルビア、ロシア連邦、スウェーデン、スロベニア、スロバキア、チュニジア、トルコ、米国、OHIM、WIPOほか

(3)ASEAN TM View
 URL:http://www.asean-tmview.org/tmview/welcome.html

<概要>
「ASEAN TM View」は、(2)「TM View」のASEAN(東南アジア諸国連合)版です。ASEAN諸国を対象とした英語等での商標検索が可能です。

<調査可能国> ※2017年12月現在
ブルネイ、インドネシア、ラオス、マレーシア、シンガポール、タイ、ベトナム、フィリピン、カンボジアほか

(4)各国特許庁DB
各国特許庁のDBも商標調査に使うことができますので、外国特許・商標等情報検索ミニガイド(特許庁)を参考にしてください。
 URL:http://www.jpo.go.jp/index/kokusai_doukou/iprsupport/miniguide/index.html#patent_and_trademarks

<商標調査情報の掲載国>※2017年12月現在
アメリカ合衆国、イギリス、イタリア、ドイツ、フランス、インド、ブラジル、スペイン、カナダ、オーストラリア、トルコ、メキシコ、南アフリカ、欧州連合、中国、台湾、韓国、マレーシア、香港、ブラジル、ロシア、ベトナム、シンガポール、インド、インドネシア、タイ、フィリピン

ご挨拶

ご挨拶

当所の屋号の「彩(さい)」の文字は、
埼玉県の愛称である「彩(さい)の国」に由来しており、

「地元・埼玉県の企業や個人の方々を応援したい」
という経営者の思いが込められています。

特許事務所の多くは
都市部(東京、大阪、名古屋)に集中していますが、

私共は、「埼玉びいき」の特許事務所として、
埼玉県の企業や個人の方々を積極的にサポートして参ります。

彩都総合特許事務所 川越オフィス
所長弁理士 横田一樹

弁理士のお仕事

1.弁理士ってどんな仕事?
2.弁理士の1日
3.弁理士費用の目安
4.弁理士に依頼するメリット
5.弁理士を選ぶ場合のポイント

1.弁理士ってどんな仕事?

アイデア(発明)ひらめき、デザイン(意匠)、マーク(商標)が
既に登録されていないかを調査したり、

特許庁への特許出願手続や商標登録出願手続を代理したり
することが主な仕事です。

$彩の国(埼玉県)を愛する弁理士のブログ 特許や商標の出願をサポート 
※特許庁HPより引用

例えば、特許権を取得するためには、
特許出願の書類(特許明細書や図面)や、
審査結果に対する書類(意見書、補正書)など
を作成する必要があります。

しかしながら、これらの書類を作成するためには、
特許法や審査基準などの
専門的な知識が必要になります。

弁理士は、専門的な知識や経験に基づき、お客様に代わって、
各種書類の作成や特許庁への申請を行います。

2.弁理士の1日

私の平均的なタイムスケジュール時計です。

4:00  起床 朝です
6:00  業務開始
9:00-17:30 (事務所の営業時間)
19:00  業務終了
20:00  自宅 家
23:00  就寝 鼻ちょうちん

業務時間(私の場合は約12時間)のほとんどは、
特許出願の書類(特許明細書や図面)を作成したり、
特許出願の審査結果に対する書類(意見書、補正書)
を作成したりするなど、のデスクワークぱそこん。が占めています。

残りの時間は、お客様との新たな出願の打合せや、
お客様からのお電話でんわやメールへこみメールの対応などの作業を
行っています。

特許庁への書類の提出や特許庁からの書類の受領は、
オンライン(インターネット)赤外線通信や郵送shokoponで行いますので、
書類の提出や受領のために特許庁に出向くことは
ほとんどありません。

私の場合、特許庁に行くのは審査官面接を行うときぐらいです。

外出はそれほど多くありませんが、
新たな出願の打合せのためにお客様の会社や工場を訪問することもあります。

3.弁理士費用の目安

ご自身で全ての手続を行う場合、出願から登録までの費用は、
特許が約20万円、
実用新案が約2万円、
意匠が約4万円、
商標が約5万円
です。

一方、弁理士に手続を依頼する場合、上記費用に加えて
弁理士費用が必要になります。

弁理士費用は特許事務所によって異なりますが、
出願から登録までの弁理士費用は、
特許、実用新案が約50~80万円、
意匠、商標が約10~40万円
ぐらいです。
(注)出願内容によって異なりますので、
一つの目安として考えてください

4.弁理士に依頼するメリット

<メリット1:強い権利を取得することができる>

特許や商標の権利範囲は、出願書類などの内容によって
ほぼ決まってしまいます。
すなわち、せっかく考えた発明や商標を生かすも殺すも
各種書類の出来次第です。

弁理士は、専門的な知識や経験に基づいて、
「どうしたら広い権利が取得できるか」を常に考えて
各種書類を作成します。
※関連記事「広~い権利
※関連記事「一発登録

<メリット2:迅速な権利化が可能である>

上述のとおり、
各種書類の作成には専門的な知識が必要ですので、
知識の習得から始めた場合、書類作成には
相当の日数がかかります。

しかしながら、出願は早い者勝ちですので、
書類を迅速に準備して、迅速に出願を行う必要があります。
※関連記事「緊急出願

強い権利を取得するためにも、
また、迅速に権利化を図るためにも、
早い段階で弁理士に相談・依頼することをお薦めします。

5.弁理士を選ぶ場合のポイント

<ポイント1:得意分野、取り扱い業務>

弁理士業務は多岐に亘りますので、弁理士の得意分野や
取り扱い業務も様々です。

意匠や商標を専門に取り扱う弁理士や、
特許の中でも化学分野のみを専門に
取り扱う弁理士もいます。

したがいまして、
まずは弁理士の得意分野や取り扱い業務を調査し、
ご自身の要望に合致する弁理士に依頼することをお薦めします。

なお、弁理士の得意分野や取り扱い業務は、
日本弁理士会の「弁理士ナビ」を使って調べることができます。

<ポイント2:実務経験、実績>

有効な権利を取得するためには、法律に関する知識のみならず、
実務経験によって培われる知識も必要です。

したがいまして、弁理士の実務経験や過去の実績などを調査し、
十分な経験や実績のある弁理士に依頼することをお薦めします。

弁理士の評価指標としては、
「実績」、「評判」、「専門性」の3つの条件
重視される傾向もあるようです。
※関連記事「弁理士は儲かるのか?

なお、弁理士の実務経験年数や取扱分野情報は、
日本弁理士会の「弁理士ナビ」を使って調べることができます。

<ポイント3:特許事務所の規模>

特許権などの有効期間は20年などの長期にわたります。

したがいまして、弁理士の死亡や病気などを考え、
弁理士が2名以上在籍している特許事務所を選ぶなど、
信頼性の高い弁理士(特許事務所)に依頼すること
をお薦めします。

上記<ポイント1>とも関係しますが、
弁理士が2名以上在籍している特許事務所であれば、
対応可能な技術分野や取り扱い業務も広がりますので、
その点でも安心です。

また、特許などの各種手続の期限は法律で決められており、
特許事務所においては期限管理業務は極めて重要です。

小規模な特許事務所では、コスト面の問題から、
期限管理ソフトを導入していない場合や、

期限管理のサポートを行う特許事務を
雇用していない場合もあり、
期限管理業務に不安が残ります。
※関連記事「特許事務所で起きる事故
※関連記事「弁理士に対する苦情
※関連記事「特許事務所の危機管理

アクセス

◆川越オフィス

<電車をご利用の方>
東武東上線 または JR川越線・埼京線
川越駅 西口から徒歩1分

<車をご利用の方>
関越自動車道 川越インターから車で約5分

<川越駅周辺の地図>
sightpat-map1

◆大宮オフィス(埼玉県さいたま市)

◆新潟オフィス(新潟県新潟市)

◆栃木オフィス(栃木県小山市)